インターネットを田舎で快適に使うには?引越しで失敗しない回線選び!

田舎

『自然豊かな田舎にはいつか移りのんびりと住みたいけど、田舎ってインターネットが遅そうw』

『田舎に住んだら、どこのインターネットを使えば良いの?』

って思ったことありませんか?

インターネットを田舎で快適に使うには何に気を付ければ良いのか?

引っ越しで失敗しない回線選びは…

正解は光回線です!

ではなぜ田舎であっても光回線を選ぶべきだと思います?

そんな田舎でも絶対に失敗しないネット回線の選び方をボチボチつぶやいてくよ。

広告

インターネットを快適に!田舎のおすすめは?

快適

住むところが決まったら、まず『光回線』が通っているかを確認するべきです!

光回線で知ってる人少ないけど人口カバー率は95%を超えてて、この数値からもほとんどの地域をカバーしていることがわかりますよね。

光回線はADSL回線とは物自体が違うので、基地局までの距離で通信速度が低下する事はほとんどないので、どんな山奥だろうと光回線の引き込み工事が問題なく行えるのであれば、迷うことなく光回線を選んじゃって良いと思います。

広告

インターネットの光回線が使えるか確認する方法

光回線

ネット回線を扱っている会社のホームページには、『開通確認』という検索ページが用意されています。そこへご住所を入力するだけで、簡単に大まかな開通確認をすることができます。

そこで確認するべき光回線の種類は2つだけです。

  • NTTのフレッツ光回線
  • 地域電力会社の光回線

ネットが使えない状況なら、近くの家電量販店や携帯ショップでも確認できます。(がっつり営業されるでしょうけどw)

稀に該当の住所が出てこない場合もあります。

  • まだその住所での利用履歴が無く、住所が登録されていない場合
  • 区画整理などで住所の変更があった場合
  • 建物が新築で住所自体が新しく、まだ登録されていない場合

このような場合は、Googleマップなどですぐ近くの住所が開通しているかを確認すると良いでしょう。開通していない場合には、住所が出てこないのではなく、『エリア外です』などの表示が出てきます。

注意してほしいのが、あくまで開通可能なエリアかどうか?の判定だという事です。

お住いの建物の構造や建物周辺の環境などが原因で、物理的に引き込み工事ができない場合もあるので覚えておきましょう!

インターネットで光回線が届いていなかったら

ネット 工事

そもそも、光回線がエリア外!まぁこう言うこともあるよねw

もしくは、「物理的に光回線の引き込み工事ができない」と言われてしまったら。

光回線以外の選択肢はおよそ以下の3つになるでしょう。

ケーブルテレビのインターネット

使えるのって思う人も多いかもだけど。

ケーブルテレビはそもそもが地域密着型なので、もしかしたら光回線の届いていない地域であっても利用できる可能性が高いってわけ

開通確認は、ケーブルテレビのホームページか電話で確認することもできます。

光回線ではないので、ヤッパリ若干通信速度は劣るかもしれませんが、一般的な使い方であれば問題なくインターネットを楽しむことはできるでしょう!

スマホのテザリング機能

テザリング

お使いのスマホをルーターの代わりにする機能です。

もしスマホの通信速度が十分にでる地域なのであれば、スマホを経由して自宅のパソコンやタブレットをインターネットに繋ぐ方法もあります。

ここで注意しないといけない点があります。

  • スマホの電波が悪いと使えない
  • スマホのパケット量がかさむ
  • テザリングオプション料金がかかる

もし、電波自体問題ないのであれば、近くの携帯キャリアショップに行くことをおすすめします。

携帯のプランはパケット使い放題のプランへ見直しと、テザリング設定をしてもらいましょう。携帯料金はプラン変更に伴い高くなりますが、新しくネット回線やルーターを契約すると考えれば安くつくかもしれません。

ホームルーター、ポケットWi-Fi

レンタル

新たにホームルーターやポケットWi-Fiを契約する方法です。例えば、ソフトバンクエアーやWiMAXなどです。

こちらも、スマホのテザリング機能と同様、ネットを電波で利用しているので、電波の届きづらい山間の地域や建物の影響を受けやすい点があります。

また、一度契約すると、契約期間が長かったり、端末の費用や解約金が高い場合も多いので注意が必要です。

利用できるエリアかどうかを調べておくのは当然ですが、使えなかった時の保証があるもの、もしくは契約期間や解約金のかからないWi-Fiを選ぶことが重要です。

広告

まとめ:インターネットを田舎で快適に使うには?引越しで失敗しない回線選び!

まとめ

たとえ田舎であっても、光回線が使えるなら迷わず選ぶべし!

光回線がもし届いていないのであれば、比較的通信速度も安定する有線接続のケーブルテレビインターネットを確認してみましょう。

そんでも、使えない!

そうなってから、最後に選ぶのは電波を使ったインターネットです。

快適に使えなかったことを想定してしっかりと、エリアを確認したうえで、使えなかった時の保証があるもの、もしくは契約期間の縛りや解約金のかからないWi-Fiを選びましょう。

それでもインターネットが使えない場合は…

インターネットの使える地域へ引っ越ししてくださいw

広告