インターネットの工事を賃貸物件で行う際に知っておくべき注意点!

アパート

インターネット回線を引くために行われる回線工事を、賃貸物件で行う際には注意点がいくつかあります。

後々、「こんなはずじゃなかった…」となる前に、しっかり確認してください。そうすることによって、後悔しなくてすむでしょう。

賃貸物件には、それぞれ回線状況により工事の内容や注意しなければいけない点が異ることはあまり知られていません。

今回は、一番注意が必要な『光回線の設備が整っていない賃貸物件に、新しく光回線を引き込むケース』について、詳しくご説明していきます。

広告

インターネット工事と賃貸物件における設備とは

集合住宅には、ネット回線の設備が整っている建物と、設備が整っていない建物があります。

簡単に説明すると、集合住宅の各世帯に、光回線のコンセント(光コンセント)が設置されているかどうかです。

光回線が使えればそれに越したことはありませんが、場合により速度が出にくいVDSLタイプやケーブルに関しても快適にネットを利用できない可能性もあります。

光コンセントが部屋の壁に設置されている場合は、その建物の共有部分に専用の設備がすでに導入されており、割とスムーズに工事の方は終わります。

広告

インターネットの工事内容(マンション設備あり)

マンション

なんと集合住宅に設備が導入されている場合は、思ったよりも非常に簡単に工事が進みます。

あらかじめ建物の共有部分までは引き込み工事が終わっているので、その光回線を部屋の壁の光コンセントまで引き込みを行うことで、なんとまぁ工事は完了になります。

注意点としては、いくつかあり下記があげられます。

注意①管理会社からカギを借りる

建物の共有スペースに設備が入った部屋があるのですが、当然のことながら建物の管理会社がしっかりと施錠している場合が多いので、前もって管理会社へ電話連絡と来てもらえるか予約をし、当日は管理会社の人に来てもらって開錠してもらう必要があります。

事前に鍵を管理会社から借りるというケースもあるでしょう。しかしながら、本来ならもし当日は、管理会社がお休みの日でカギの貸しだししてもらえない場合や実際に来てしてもらえないと残念ながら言われてしまった場合には、そもそも工事日の日程をずらしてしまうという事が必要でしょう。

注意②導入済みの設備が自分の利用したい回線の設備ではない

そもそも、建物の設備が自分の利用したい会社の設備ではなかった場合、次に説明する、設備がない賃貸物件のケースを参考にしてみて下さい。

また、場合によっては、何故か管理会社指定のネット回線を利用しなければならなくなったと言った、とても酷いケースに遭遇する事もあります。(おそらく管理会社と代理店が提携している場合)

そのため、もし引っ越しで集合住宅の部屋を決める時には前もって、何のネット回線を使えるか?自分の使いたい回線を引き込むことができるのか?後で後悔したくなければ確認する事は自己責任です。

広告

インターネットの工事内容(マンション設備なし)

マンション工事

建物に設備が整っていない場合、導入するには大きく分けて下記の2つのパターンが考えられます。

    • 自分の部屋に直接、戸建てプランのネット回線を引き込む
    • 集合住宅に設備を導入する

『集合住宅に設備を導入する』と言うのは、上記で説明した建物自体に回線設備を導入するという事に実際なります。

これには、莫大な費用がかかるうえに、そこに住む住人の一定数以上の申し込みが必要だったりとか、管理会社が本当に回線導入を承諾許可してくれるか、工事が物理的に実施可能か、実際に部屋の光コンセント工事を行うまでにどれぐらいの時間と労力がかかるのか…

などの多くの問題があるので、いち住人がネット回線の契約を考える上では、非現実的と言えるでしょう。

インターネットの工事内容(自分の部屋へ戸建てプランの引き込みを行う)

ネット 工事

設備が導入されていない建物では、いくつか条件はあるものの、直接ご自身の部屋へ光回線を引き込む方法があります。

この方法であれば、そのネット回線の提供範囲内であれば、比較的自由に好きなネット回線を選ぶことができます。

また個別に引き込みを行う事により、集合住宅特有の時間帯によるネット回線の混雑が避けられ、インターネットをより快適に利用できることはまず間違いないと言って良いでしょう。

注意①必ず、管理会社の許可が必要になります。

賃貸物件なので、当然と言えば当然ですが、なぜ必要なのか?

  • 直接、ネット回線の引き込みを行うため、建物の外観を損なう
  • ネット回線を止めるための『ビス止めの許可』が必要
  • 室内の壁に、『光コンセント』を設置します

建物の管理者からしてみれば、これらはすべて物件に『キズ』を付ける行為と何ら変わりません。

そのため、トラブルを防ぐためにも必ず管理会社もしくは大家さんに許可を取る必要があるんです。

よって管理会社の許可なく工事をすることは当たり前ですけどしてはいけませんし、工事会社も許可がないのであれば、工事はどんなに頼まれたってやってくれることはないでしょう。

広告

注意②物理的にどうしても工事ができない場合がある

高層マンション

  • 集合住宅で6階以上階層に住んでいる
  • 引き込みルートに突破することのできない障害物が存在する

これは、申し込みするネット回線の種類にもよるかもしれませんが、例えばの話、マンションの20階のベランダまで、ネット回線を引っ張ってくることはできません。

可能な階数としては頑張ってもせいぜい5階までが限界でしょう。

また、建物と電柱の間に樹木が生い茂っている場合などです。例えばその樹木が建物の管理会社が管理している木であれば、剪定して通すことも可能性としては一応あるかもしれませんが、別の方が管理し所有している木だった場合、許可を取り付けることは一般的には極めて難しいでしょう。

また障害物が木だったら切ることもできますが、それが建物だった場合はそもそも切ることはできませんし、障害物を迂回するために新しく電柱を立てる場合であっても、電柱を建てる敷地の管理者や外観の問題も出てきます。

こちらも、入居前に確認しておきたいところでしょう。

インターネットの工事費用はいくらかかるの?

請求書

という素朴な疑問にお答えします。

集合住宅の場合は何をもとに工事費が変動するかと言うと、ネット回線の設備が集合住宅に導入されているか?否か?が原因でその発生する工事費用は大きく変わってくると言われています。

  • 設備が導入されているマンションやアパートの場合:マンションタイプの工事費がかかる
  • 設備が導入されていないマンションなど集合住宅の場合:一般的には一戸建てタイプの工事費がかかる

もしかしたら複雑に思われる方もいてもおかしくはないが、同じ集合住宅という建物に光回線を引き込むという場合であっても、引き込む光回線のタイプがやむを得ず一戸建てタイプの回線であったとしても、当然一戸建てタイプの工事費用が当たり前のように適用されるようになります。

一般的には、マンションタイプというものはすでに設備が導入されているためか、施工が簡単なためか、一戸建てタイプの工事費用よりも安い傾向になります。

もちろん契約するネット回線により異なりますが、相場は大体15,000円~30,000円と言われています。

また工事費用に関しては、申し込みする会社により様々な特典の対象になる場合があります。

大手通信会社の場合、分割の工事費用を毎月の請求から差し引く実質無料のキャンペーンをやっていたり、代理店の申し込みキャンペーンでは、『キャッシュバックで工事費用を実質無料』と謳っていたりもします。

各社、様々な特典やキャンペーンを行っているので、『しっかり比較して選ぶ』これって結構大変な事かもしれませんがかなりおすすめです。

広告

インターネットの工事にかかる時間と流れ

時間

およそ、作業にかかる時間は30分~1時間程度と言われています。(申し込みする回線の種類にもよって異なる)

作業自体に付き添う必要はないので、在宅していれば問題ありませんが、宅内配線を行う都合上、どなたかが家に居ていただく必要があります。

また、実際に申し込みをした際にはどのような流れで工事が行われるか確認しましょう。

設備が導入されている場合

さて集合住宅に光回線が導入されているマンションタイプの場合の工事内容とどういった手順で契約が進んでいくかについてを確認してみましょう!またネット回線の種類によっては、多少はやっぱり異なってくる場合っていうのももちろんありますが、だいたいは下記に上げた内容で工事が行われていきます。

  1. ネット回線の新規申し込みをする
  2. 提供可能なエリアかどうかの確認を行う
  3. 申し込みした会社と工事の日程を調整し訪問日付を決める
  4. 当日、回線工事の実施します。
  5. さあ利用開始です!

ですが注意しないといけないのは、ケースによっては、3のところで基本的に管理会社との調整が必要になってきます。

設備が導入されていない場合

  1. 管理会社に許可を取る
  2. ネット回線の申し込みをする
  3. 提供エリアの確認を行う
  4. 工事の日程調整をする
  5. 管理会社へ共有をする
  6. 回線工事の実施
  7. 利用開始

管理会社へは十分に連絡を取り合ってください。トラブルを未然に防ぐことが重要です。

また、『管理会社への許可』と聞くと、とても難しく感じてしまうかもしれませんが、それほど難しい事では決してありません。

管理会社も、管理している多くの物件の中で、何度も対応している内容になります。

どのように、管理会社の許可を取ればいいか分からない!という人もいるかもしれませんが、『頼み方』ではなく、『許可が出る建物かどうか』が重要です。

インターネットの工事が賃貸物件でできるか確認する方法

チェック

確認する方法は大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 管理会社へ直接聞く
  • 自分で調べる

管理会社へ問い合わせた場合、親切であれば導入されている回線をいくつか答えてくれるでしょう。

場合によっては、管理会社に有利な決められた回線に申し込まないといけない…なんてこともあるかもしれませんね。

そんなやり取りをする前に自分で確認したいのであれば、申し込みを考えているネット回線の公式ホームページを見て下さい。

『提供エリア確認』があるので、そこからマンションタイプが入っているのか、提供エリアなのかが判断できます。

検索するためには、建物の名前と住所が必要になります。

まだ、申し込みたいネット回線が決まっていない場合はNTTのフレッツ光で検索してみると良いでしょう。

NTTのサイトは、東日本と西日本に分かれているので注意してください!

インターネットで契約したい回線が建物に整っている場合

光回線

利用したいネット回線が決まっていて、建物の検索で設備が導入されている場合は、そのままスムーズにお申し込みが進められるでしょう!

稀に、『提供までに時間がかかります』と判定に出る場合には、直接どのくらいの時間がかかるのか?問い合わせて頂いた方が良いですね。

何らかの理由により、『すぐには使えない状況』なので、場合によっては他の回線を検討する必要も出てきそうですね。

広告

インターネットで契約したい回線が建物に整っていない場合

インターネット

自身が利用したいネット回線の設備が残念ながら建物に整っていない場合は、一戸建てタイプの回線の引き込みを行うか、すでに整っているネット回線に申し込みをするかの二択になると思います。

集合住宅に一戸建てタイプの導入を検討するのであれば、その住所が提供エリア内に入っているかを調べましょう!

  1. 公式ホームページの提供エリア確認を行う
  2. 建物の住所を入力する
  3. 最後の『一戸建て or マンション』で一戸建てを選択する

上記の手順であれば、お住いが例え集合住宅の場合であっても、一戸建てとしての提供エリアかどうかの確認が可能となります。

可能だった場合は、前述した『設備が導入されていない場合』の手順に従って進めて下さい。

インターネットが快適に使える10Gのおすすめネット回線

フレッツ光クロス

引用:https://flets-w.com/cp/cross/

現在は、最速20Gまで提供が始まっていますが、ごく一部の地域のため、現実的に考えると10Gがおすすめです。ただ一言で快適にと言っても、メールやホームページの閲覧をするくらいであれば、どのネット回線を使っても問題はないでしょう。

ですが、やはりYouTubeやHulu、ネットフリックスなどの動画配信やオンラインゲームやZoomなど仕事でネットを使うのであればハイスピードの光回線は欠かせません。

NTTフレッツ光クロス

とにかく通信速度が速いネット回線を選ぶならコレ!

デメリット

マンションタイプよりも割高になります。

料金は戸建てタイプの料金が適用されるため、マンションタイプよりも少しだけ割高な料金となります。

ファミリータイプは工事許可が必要

あくまで賃貸物件であれば、その管理会社もしくは大家さんに許可を取る必要があり、場合によっては許可が取れないケースもあります。

提供エリアが限られている

提供エリア:東京都の首都圏、大阪府大阪市、愛知県名古屋市(2020年8月現在)

メリット

集合住宅特有の速度遅延が起きない。

マンションタイプは、そのアパートの世帯数で共同で使うのに対し、ファミリータイプは独占で回線を使えるので、混み合う時間帯などに発生する速度遅延の影響を受けることはありません。

とにかく通信速度が早い。

アパートの設備に頼ることなく、快適に光回線を利用することができます。

インターネット工事が必要な賃貸物件の注意点!

注意点

それは…引っ越し前には、許可が下りるだろうと油断する事なく、必ず管理会社に許可が下りるかどうか確認することが必要です。

  • 検討中の集合住宅は何のネット設備が入っているか?
  • 光回線ファミリータイプの工事の許可は下り、導入できるか?

ここだけの話ですが、建物の外観からある程度は判断する方法も存在します。

近くの電柱から、各部屋に直接配線が引っ張ってるようであれば、おそらくそれは、住人が注文し工事を行ったネット回線の引き込み線工事を行った跡である可能性が非常に高く、引っ越し後に大家さんの許可が下りることは予想できます。

この方法ならば、『Googleストリートビュー』を使うことによって大雑把ではあるがこれである程度の判断をすることも可能です。

広告

インターネット工事がNGな賃貸物件に引越してしまった場合

ケーブルテレビデメリット

もし仮に、確認を怠り引っ越し後に回線弱者へとなってしまった方は、ホームルーターがおすすめです。

建物にキズを一切付けることもなく、ネット回線の引き込みで建物の外観を壊すわけでもありません。

自分専用のネット回線がコンセントをさすだけで使えるようになるんです。

おそらく、『家賃の安いアパート』であれば、建物の影響はあまり受けることなく使えることでしょう!

詳しくは、ネット回線が工事不要で使えるおすすめ端末!注意するべき事とは?で解説しているので参考にしてみて下さい。

広告

まとめ:インターネットの工事を賃貸物件で行う際に知っておくべき注意点!

まとめ

自分は、生活していくうえで、インターネットが無い生活なんて考えられないし、速度が遅いとイライラしちゃいますw

集合住宅に住む場合であっても、快適にネット回線を利用したいというのであれば、断然光回線がおすすめです!

引っ越しをする際には、しっかりと事前に確認する事をお忘れなく!

広告