竜とそばかすの姫【ネタバレ】As(アス)とアバター何が違う?

竜とそばかすの姫

今回は、『竜とそばかすの姫』のAs(アス)ってなに?について、お伝えしていきたいと思います。

仮想世界<U>では、それぞれのアバターのことを『As(アス)』と呼んでいます。
そもそも、この『As(アス)』ってなんなのでしょうか?

Asってなに?
アバターとは何が違うの?

『竜とそばかすの姫』のネタバレを含みます!
閲覧は自己責任でお願い致します。

広告

『竜とそばかすの姫』予告動画より【ネタバレ】




チャンネル:スタジオ地図 / STUDIO CHIZU『竜とそばかすの姫』予告【2021年7月公開】

『竜とそばかすの姫』の公式YouTubeチャンネルで公開された予告動画です。
【0:26】のカットで一瞬だけ映し出される『タブレット端末に映し出されるAsの図式』

黒いタブレット端末に手書きで書かれた『U』の世界のしくみの文字と2匹のくじら
すずとAs(ベル)が「=」で結ばれ、同調しているような波形が記されている。
そして、本人同士以外には「≠」が記されています。

広告

竜とそばかすの姫【ネタバレ】As(アス)の意味は?

Asとは

英語のAs、『同様に』や『同じくらい』という意味の単語から来ていると思われる。

アバターとしてのAsは、現実世界の自分の分身となる為、『現実世界の自分と同じ』と言う意味合いが込められているのだろう。

竜とそばかすの姫【ネタバレ】As(アス)とアバター何が違う?

竜とそばかすの姫

引用:https://www.youtube.com/watch?v=IYo8jI9Nirg

Asの特徴

・その人の隠された能力を無理やり引っ張り出すことができる(ボディシェアリング機能)
・スキャンした生体情報から自動生成が行われ、常時本人の生体情報と連動している。
・なりすましやネカマ、Asを2つ所持することはできない。

アバターは、自分の好みが反映されやすく、自由度が聞く分、現実世界との連動性はほとんど見られない。

しかし、『As』では、現実世界との連動性が強いのが特徴と言える。

ちなみに、この人差し指は、すずの親友のヒロちゃんで、すずに仮想世界<U>を教えているところでしょう。

そして、生体情報をスキャンしている画像はこちらだと思われる。

竜とそばかすの姫

引用:https://www.youtube.com/watch?v=IYo8jI9Nirg

細田守監督の代表作品一覧/配信/DVD/文庫本

竜とそばかすの姫【ネタバレ】As(アス)とアバター何が違う?|関連記事

関連記事

広告

竜とそばかすの姫【ネタバレ】As(アス)とアバター何が違う?|まとめ

竜とそばかすの姫

引用:https://www.youtube.com/watch?v=IYo8jI9Nirg

という事で今回の、『竜とそばかすの姫』のAs(アス)ってなに?について、まとめると。

  • 現実世界との連動性が強いアバター
  • その人の隠された能力を無理やり引っ張り出すことができる(ボディシェアリング機能)
  • 常時、現実世界の本人と生体情報が連動している。
  • Asを2つ所持することはできない。

アバターの上位互換という感じですね。

実際に劇中では、どのように描かれているのでしょうか?

ぜひ皆さんも、公開されたら劇場でお楽しみくださいね。

広告